スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白樺のかご
IMG_7335_convert_20120526063455.jpg

流木と輸入づるを使って自分スタイルのかごを作り続けてきて
何年経ったのかな…

好きで作り続けてきたことだけれど
最近生じてきた「迷い」。

それは材料のこと。

北海道のつるは私のかご作りにはあまり適しておらず
仕方なく輸入のつるを仕入れてきたのだけれど
最近になってそのことに違和感を持ち始めたのだ。

北海道の美しい自然に囲まれ生活して早や15年。
身近にこんなに素晴らしい環境があるのに
自然の材料を使えないもの苦しさ。

何か別の材料で
もっと人に求められているかごを作りたいと
悶々と考えていたところに
テレビのニュースで見た「白樺樹皮のかご作り」。

え?白樺?

あるよ~すぐ目の前に。
この皮でかごが作れるの?

なんとなく皮を剥いで眺めたことはあったけれど
北海道の白樺が材料に適しているとは思わなかった。
東欧のかごは有名だけれど。


早速調べて行ってきました。美深まで。
ちょうどタイミングよくワークショップが行われるということで。

ワークショップが行われたのは仁宇布のファームイントント">ファームイントントオーナーは羊牧場を経営されている。

RIMG0890_convert_20120526063714.jpg

こんな風景を望みながらのかご作り。
東川が大都会に見えるほどののんびりした時間が流れる。

ん?ワークショップに参加されていた女性ふたりの顔に見覚えが。
なんと驚いたことに去年うちのギャラリーにいらして
ひとしきりお話をさせていただいた方々!

私のかご編みワークショップにも申込みを下さり
定員で参加できなかったともおっしゃっていた。

一緒に参加した友人と地元話で盛り上がっていた別の参加者もいたりして
なごやかーな感じの楽しいワークショップでした。

RIMG0888_convert_20120526063800.jpg

それぞれのかごが完成すると
近くの学校に子供を山村留学させているという
東京出身の女性の手作りのパンが出てきて
みんなでお食事・団欒のひととき。

オーナー夫妻の心温まるおもてなしに
一昔前の「旅人」気分を味わいました。

ここ、都会からいらした旅行者に
本当におススメです。

娘をここに山村留学させて
私もかご編み留学したくなりました
教えてくださったT先生に弟子入りさせてもらいたい…
妄想が止まりません(笑)

トントのオーナー夫妻さま
かご編みのT先生
本当にありがとうございました。
またお訪ねいたします。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://ryubokubasketry.blog54.fc2.com/tb.php/141-2124f1f3
プロフィール

Mika

Author:Mika
流木バスケタリー作家・森山未花のブログです。
大雪山麓東川町の「フォトギャラリー北写人」を拠点に活動しています。
北写人日記
日常のブログはこちらに書いています。

メインサイト
http://www.diamonddust.com/

『かご編み教室』は
随時開催しています。
お電話、メール等でお気軽にお問合せ下さい。

かご・灯りの受注制作・ブログ記載作品の販売いたします。
メールにてお問合せ下さい。
kitashaz@agate.plala.or.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード

QR

検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。